jump to content immediately

私の自動車保険の選び方

みなさんはどのように自動車保険を選んでいますか?

他の方が加入する保険会社や補償内容をどうやって決めているかって、ちょっと気になりますよね。

私の場合、まず補償内容は死亡やケガの補償と相手方の補償はしっかりつけます。

万が一の場合の相手方の死亡やケガを補償する対人賠償は無制限ですし、自分や同乗者の補償も一番大きい金額に設定しています。

また、相手方の自動車や物を破損した場合の対物賠償も無制限ですね。

 

これに対し、自分の車につける車両保険は保険料との兼ね合いで決めます。

乗っている車が安い車なら、なくてもいいかなと思うくらいです。

相手からぶつけられた時は損害賠償金を受け取れますし、自分でぶつけた時の修理代はその時に払えばいいかなと考えています。

もっともこれがグレードの高い高級車だったら、自損事故の場合でも修理代が高くつきそうなので車両保険に入りますね。

万が一、車の盗難にあったときも補償されますし。

ただし、免責額を5万円か10万円に設定して、その範囲は自己負担とすることで保険料を抑えることはします。

こんな感じで補償内容は決めています。

 

加入する保険会社については、会社の数も多く、各社が競って色々な割引を提示しているので、自分で探していると訳が分からなくなってしまいます。

なので、一括見積もりサイトから複数の会社の見積もりを取り寄せて、見比べることが多いです。

その中から、気になったものを幾つかピックアップして、その会社のホームページで内容をしっかり確認するといった感じです。

中にはこんな安い会社あったの?という発見もあるので、利用してみるといいですよ。

 

自動車保険の基礎知識

自動車保険の基礎知識を紹介します。

自動車保険の種類は沢山あって、選ぶのが大変です。

特に初心者の方は難しくて、すすめられたものにそのまま加入してしまう人もいるでしょう。

それは絶対にしてはいけません。

まず自動車保険で一番大切なのが、対人賠償保険です。

最低限加入しておくべき保険です。

 

自動車保険には大きく分けて自賠責と任意があります。

自賠責は絶対に加入が必要な保険で、任意の方は自賠責保険を補う保険です。

そしてこの任意保険の中にも色々な種類があるのです。

それが対人賠償保険と人身傷害保険、対物賠償保険、車両保険などで、少なくとも対人・対物賠償保険には加入しておきましょう。

対人傷害保険は自動車事故により他人を負傷させたり、死亡させたりした場合賠償額を補償してくれる保険なのですが、賠償額はかなりの金額になることもあり、自分だけではとてもじゃないけれど支払うことができない場合もあります。

 

自動車保険には他人や物に対しての賠償が骨格になっていますが、自分に対する補償もあります。

自分や車にも保険をかけておくと安心でしょう。

自動車保険によってそれぞれ特徴も違うし、補償内容も違いますのでしっかりと比較することが大切です。

自動車保険の加入の仕方には、車を購入したお店で加入したり、通信販売で加入する方法があります。

保険代理店で加入する方法もあります。

勤務先で加入することもあるでしょうが、本当に自分が納得出来る選び方ができ、自分にあった自動車保険が選べる場所で加入しましょう。

 

交通事故に遭遇したら

交通事故を起こしたくて起こす人はいません。

「自分は大丈夫」だと思っている人はとても多いのですが、交通事故を起こす人の多くがそのような過信をしているのです。

ですが交通事故はとても大変です。

肉体的なダメージはもちろんですが、バイクや自動車の場合は乗り物にもダメージを負う事になります。

自動車の場合、大きなエネルギーがかかりますので走行不可能な状態に陥るケースさえ珍しくはない程。

それくらい交通事故はとても大変なものですし、さらに相手がいる場合、相手との示談交渉も行わなければなりません。

過失割合を決め、どちらがどちらにどれくらい支払うのか。

むしろこれが何より面倒なものです。

物損であれば証拠だけで良いのです。

それを元に、修理費はどれくらいかかるのか算出するだけで良いのですが、人間相手となると治療費や慰謝料など、物的証拠の残らない事まで支払いを要求される事さえあるのです。

 

ましてや保険のエージェントでも出てくると、よく分からない専門用語や本当に合っているのかどうか分からない法的知識を振りかざし、こちらに迫ってきます。

こちらが加害者であればまるですべてこちらが悪いかのように、被害者であっても落ち度があるから事故に遭ったと言わんばかりに迫って来て、むしろその部分で嫌な気持ちにさせられたという人も多いのではないでしょうか。

そのような時、実はとある存在に相談すると良いのです。

それは弁護士です。

保険のエージェントと弁護士。

法的知識に関しては雲泥の差があります。

保険のエージェントはあくまでも「相手を屈服させる」ためにあれこれ法的知識を振りかざすのですが、弁護士は法的見地から正しいかどうかを判断する事が出来ます。

つまり、仮に保険のエージェントが相手は何も分からないだろうと思って法的な知識を振りかざして強引に迫って来た事が本当に正しいのかどうかを判断する事が出来ます。

 

また、裁判の経験もありますのでディベートにも長けています。

正直、保険のエージェントでは弁護士には太刀打ち出来ないでしょうね。

法的見地、ディベート能力。

そのどちらも弁護士の方が優れていますので、弁護士に依頼すればエージェントのおかしな要求を呑まなければならないような事はありません。

つまり、「適正」は判断を下す事が出来るようになりますので、交通事故で相手が保険のエージェントを立てて不利な状況となってしまっているようであれば弁護士に相談しましょう。

 

交通事故の慰謝料を請求するなら弁護士に相談しよう

・誰にでもある交通事故のリスク

自動車のある国に住んでいる以上、誰もが交通事故と無縁でいるわけにはいきません。

誰もがいつ被害者になっても、そして加害者になってもおかしくはないのです。

そうならないように、車が通っている場所を歩く時には周囲に対してアンテナを張り巡らせることが必要です。

また車を運転している人はアンテナを張るだけでなく、体調不良の状態で運転することのないよう体調管理にも気をつけましょう。

飲酒運転などはもってのほか。

運転中は歩行者や他の車が飛び出してくるかもしれない可能性を忘れずに、安全運転を心がけましょう。

 

・事故を起こしたら…

いかに注意をしていても、ちょっとした気の緩みから事故を起こしてしまうこともあるかもしれません。

その際に負傷者が出てしまった場合は、救護をする必要があります。

ただごとでない状態なら、すぐに救急車を呼びましょう。

そして警察にも連絡をし、事故を起こしてしまった旨を伝えましょう。

交通事故を起こしたのなら怪我人の有無や被害の大きさに関わらず、警察への連絡は必須事項となります。

怪我人もいないしこれくらいなら連絡をしなくても大丈夫だろうと、勝手に決めてしまわないようにしましょう。

そして加害者の場合は、警察への連絡が済んだあとに保険会社にも連絡を入れる必要があります。

いざ電話をしようとして連絡先がわからず困ってしまうことの無いように、必要書類は必ず車に常備してきましょう。

 

・被害者になった場合は?

被害者になった場合は警察への連絡を行い、スマートフォンやデジカメを持っているのなら念のために現場を写真に収めておきましょう。

そして大したことがない怪我でも、必ず病院に向かうことが必要です。

その際、病院での診断書や領収書は保管しておきましょう。

そうした治療費や損害費用、そして慰謝料を加害者に請求することができます。

そして慰謝料を請求する際には、弁護士への相談を行いましょう。

弁護士は法、そして交渉のプロフェッショナルです。

弁護士に依頼をすることで手続きをスムーズに行えるだけではなく、自分で交渉するよりも慰謝料の金額が増えやすくなります。

大抵の人は交通事故に遭うなんてことはそうそう経験することではなく、そのため知識にも乏しいと思います。

しかしそれでは、加害者から必要な慰謝料を受け取れない可能性もあります。

仕事として交通事故の交渉を日常的に扱っている弁護士ならば、安心をして任せることができます。

※詳細は「交通事故慰謝料」へ

 

 

溶融亜鉛メッキのマルコ工業株式会社

michidoo in on 12月 18 2012 » Comments are closed.