jump to content immediately

電子ブレーカーの魅力と価値を引き出す選び方

電子ブレーカーについて

ブレーカーの新しい形、電子ブレーカーは大きく進化した仕組みで、従来の方式を置き換える魅力があります。

今までのブレーカーは、金属の物理特性を活かし電流を遮断する方式が一般的だったので、過電流の発生から遮断までに時間差がありました。

また、許容量内の電流であっても、仕組みの特性上で発生する誤差によって、ブレーカーが作動してしまうこともあったといえます。

ブレーカーは、元々電流に反応する精度の誤差が大きく、劣化が進んでいると更に遮断が発生しやすくなります。

何時遮断が発生するか分からなければ、設備の稼働に支障が生じたり、遮断に対する恐れが発生することにもなりかねません。

しかし、電子ブレーカーはデジタル制御で動作しますから、誤差がとても小さく、安定した動作が行える点が優れます。

寿命的にも従来方式に引けを取りませんし、長期的な安定性を有していますから、安心して任せられるブレーカーとなるでしょう。

この高精度な電流量の計測によって、従来とは異なる性能と、魅力的な新しい価値を実現しています。

主開閉器契約という新しい契約を提供している

電力会社は、主開閉器契約という新しい契約を提供していますが、これまではあまり普及していませんでした。

その理由としては、契約方式に関する認知度が低かったこと、そしてメリットが分かりにくかった点が挙げられます。

所が、このような状況はブレーカーの進化によって、大幅に浸透して広がりを見せるまでになっています。

主開閉器契約の特徴は、契約するメインブレーカーのアンペア数から基本料金を算出し、使用状況に応じて電気料金が決まることです。

従来は、設備の出力で基本料金が決まっていましたが、新契約方式ではブレーカーのアンペアで判断するので、分かりやすく改善されたと考えられます。

主開閉器契約のメリットは、設備の使用状況をコントロールして、メインブレーカーのアンペアを低く抑えることで、電気料金を大幅に引き下げられることです。

契約の変更を検討する時は、電子ブレーカーのメリットを知ることで、節約を効果的に実現してくれる味方となります。

主開閉器契約の認知度が低く、あまり普及していなかったもう一つの原因は、ブレーカーの動作に関する誤差精度です。

従来方式は周囲の温度に影響されやすく、自らの劣化度合いにも反応して、誤作動することが少なくありませんでした。

その為、メインブレーカーのアンペア数に余裕を持たせる必要があったり、期待できるメリットの幅が小さかったことから、期待した通りの結果が得られていなかったのが実情です。

電子ブレーカーには、回路に流れる電流値の計測だけでなく、時間も正確に計測して制御する高度な仕組みが備わります。

高性能かつ高精度なブレーカーが登場した結果、アンペア数の決定は容易になり、より安全に主開閉器契約の変更が行えるようになっています。

主開閉器契約を導入すると、計画的に設備を稼働させる電気の使い方が行えるので、従来よりも効果的に電気料金の節約が実現します。

製造業を始めとして、サービス業や各種商業施設の間でも普及していますから、節約効果は本物だと評価されていると考えて間違いありません。

年間10万円の節約を実現した事例もある

年間10万円の節約を実現した事例も出ているので、導入を真剣に考えるだけの魅力が存在しますし、試算してみても損をすることはないでしょう。

魅力的なメリットをもたらす電子ブレーカーですが、確実な節約効果を得たいのであれば、ブレーカーの選び方が重要になります。

高精度なブレーカーに求められるのはやはり、正確に電流値を計測できることと、期待通りの動作を行ってくれる二つのポイントです。

そもそも、精度が低くては従来方式と変わりありませんから、高精度な動作を保証してくれる、そういったメーカーの製品を検討することが大切です。

例えば、ネオコーポレーションを一例に挙げると、主要製品のネオコントロールシステムの事例が参考になります。

ネオコントロールシステムは、業界No1の販売実績を誇る製品で、主開閉器契約を前提とした導入によって、優れた節約効果を発揮するのが特徴です。

販売実績は、販売開始から10年あまりで13万台を突破していて、多業種から節約効果を認められていることから、説得力がある数字だと分かります。

実績は現在も更新中で、業界のトップを走り続けていますから、これからも普及のペースに注目が集まるでしょう。

このように、電子ブレーカーを導入するなら優れた実績があって、導入からサポートまで安心して任せられる企業が検討に値します。

売りつけるだけでサポートをしない、期待した通りの節約効果が得られない、という悪質な業者も存在しますから、信頼を前提に比較検討して選ぶことが肝心です。

業界No1の実績を残している企業であれば、信頼に足る説得力が備わるので、後は製品を導入するだけのメリットや価値があるか、この検討を行えば導入の決定に関する答えが出るはずです。

既に導入を決めている事例は多く、節約効果を授受している企業が少なくありませんから、過去の事例を参考に検討を始めてみるのが得策でしょう。

michidoo in ビジネス on 9月 20 2017 » Comments are closed.