金に投資をすべきかどうか?ゴールドリンクの見解は?

▶️金投資の可能性についてゴールドリンクの考えとは?

金に投資として魅力的であるという事は言えるでしょうが、投資をすべきかどうかについては自分で判断をするしかありません。
実物資産として価値がある数少ない投資商品という事になるのですが、これで利益が出るかどうかは当然分からないという事になります。

価値が上がる事もあれば下がる事もあるのがこうしたものの常ですから、これで利益を出すことが出来るかどうかは誰にも変わらないという事があるからです。

基本的には金は世界で唯一価値が認められているモノという事が言えるかもしれません。
そのようなモノは他にはなくて、銀や銅と比較しても一線を画しているといって良いでしょう。

そして、世界的に人口が増えるという事を考えれば、持っていると価値が上がる可能性は高いという事は言えなくはありません。
ですが、反対に価値が下がる可能性もあるわけで、これについては、採掘技術が上がるという事があります。

採掘技術が高くなると一気に多くの採掘が出来るようになったり、これまでは技術がなくて諦めていたところから採掘がなされるようになるという事で、一気に供給量が多くなるという事で、価値が下がるという事もあり得るわけで、こうしたリスクは常に付きまとうという事を考えておく必要があると専門家のゴールドリンクは警鐘を鳴らしています。

石油の値段暴落に学ぶ

これとよく似たケースでは石油の事を考えると分かり易いでしょう。

石油は人類の活動に欠かすことが出来ないものとして、これから全ての人類が大量に使用することになるので枯渇するという事を盛んに言われたために、値段がぐんぐんあがるという事が起きました。

ですが、採掘技術が上がったためにこれまでは採掘できなかったところから大量に採れるということになり、あっという間に値段が下落したということがありました。

この暴落は世界的な経済の混乱を引き起こすまでにもなったので、その影響力の大きさが分かるというモノでしょう。

このように、物の値段や価値というのは需給のバランスによって決まるという事がもう分かっているので、この需給バランスが崩れると一気にその崩れた方向へ動いてしまうという事があるという事を考えておく必要があります。

ですから、金のような実物資産として安定した価値がありそうに見えるものであっても、常にそのリスクはあるという事になるという事です。

価値が永遠に変わらないというような物は無い?

今の世の中で価値が永遠に変わらないというような物は無いというように考えておいたほうが良いかも知れません。
通貨の価値まで変わるのが今の世の中です。

人によっては通貨の価値は変わらないというように考えている人も少なくはありませんが、これは単なる勘違いで常に通貨の価値も変動していると考える必要があります。

昔は30円でアイスなど変えたものが、今は100円出さなければアイスが買えないという事がある事を考えてみましょう。
これはアイスが高くなったというように考えることも出来ますが、通貨の価値が下がったというように考えることも出来ます。

ですから、この世の中に価値の変わらないものなどないという事が言えるわけです。

では、金は買った方がいいのかということになると、これはその人の考え方によって変わるという事になります。

別にどんな資産を持っていてもリスクがあるという事になるのであれば、値上がりの確率の高いものを持っておいた方がいいという事は間違いありませんが、それを一つに絞るという事はリスクをそれほど回避した事にはなりません。

出来るだけリスクを回避したいから金を持つという事を考えるのであれば、その他のものも沢山持つという事をするようにした方がいいでしょう。

即ち分散投資という事をするわけで、分散するものは何でも良くて、とにかくいろいろなものに投資をするという事で、この資産を集中させることのリスクを避けることが出来るようになります。

分散投資にもデメリットはあるとゴールドリンクはいう

資産は出来るだけ分散をさせるという事がリスクを回避することにつながるという考え方は今では常識に近い物ともなっているといって良いでしょう。
ですから、資産にある程度の余裕が出てくるような事があれば、さまざまな資産に変えていくという事をしていくと良いでしょう。

中には値下がりをするものもあるかもしれませんが、値上がりをするものあるでしょうから、結果的にはとんとんというようなところに落ち着くことになり、リスクをかなりの確率で避けることが出来るようになります。

ただし、分散投資ということになれば資産を集中させたときの様な爆発的な利益が生まれるというような事はまずありませんから、その事は考えておく必要があります。

資産を何かに集中させればそれが暴騰すればあっという間に大きな利益を獲得することになりますが、それがそのまま暴落のリスクにもなるというわけで、この事を理解して、運用というのは考える必要があります。

様々な金融商品で運用をして出来るだけリスクを避けるという事もしても良いですし、リスクを取って集中的な運用をして利益を狙うのも良いわけで、これらは考え方次第という事になります。

映像を映像制作会社に依頼するメリットとは

映像のメリットとは?

映像は目と耳から効果的に伝えたい内容を伝えられるというメリットがあります。
そのため、写真や静止画、文章に比べると何倍も相手に情報を伝えることができます。

音や映像によって臨場感を伝えることができたり、強烈なインパクトを伝えることができる映像には様々な可能性があります。

そして、このような映像を効果的に活用すると商品やサービスのイメージを高めることができ、販売促進につながったりするという利点もあります。

店頭で商品の説明を撮ったビデオを流したり、企業のホームページで動画を流したりすることでその商品や企業に関するイメージがよくなるという利点などがあるのです。

講演会やセミナーなどで活用するとより効果的な場合も多くあり、動画マーケティングなど、様々な視点と組み合わせられて広く活用されています。

映像製作会社で映像を製作してもらう

そんな映像ですが、すばらしい映像は集客効果もあり、顧客獲得やターゲット層への心理的なアプローチを効果的に行えるというメリットがあります。
しかし、そのようなメリットをもつ映像を作成するとなるとなかなか自分では難しいという場合もあります。

動画を作成するためには専門的な知識や技術、システムなどに詳しいということが必要となります。

そのため、映像制作を行ってホームページに販促やマーケティングのために動画を構築したいという場合には、映像製作会社で映像を製作してもらうという方法はおすすめだといわれています。

映像制作会社では顧客から動画政策に関する聞き取りなどを行い、イメージにぴったりの動画作成を行ってもらうことができます。
映像は口頭説明するよりもずっとわかりやすいという特徴があります。

よい映像はそれだけ説得力があり、見ている人と伝えたいメッセージを届けることができるのです。
伝わるということを重視するならプロに任せるというのはとても効果的な方法と考えられています。

映像によって販促効果を得たいという場合にはプロに任せる

例えば、販売促進用映像はその映像で紹介されている商品やサービスを最終的に購入してもらうことが目標となります。
映像を見る人にメッセージがちゃんと届いて、購買欲を高めるような内容でなければなかなか購入には至らないといえます。

映像制作会社では商品やサービスを販売するために、どのような視点で見る人にアプローチすればいいのかということを戦略的に企画しながら映像作りを行っていきます。

そのため、映像によって販促効果を得たいという場合にはプロに任せるということはとても有効な方法といえます。

林田先生が解説!医薬品や化粧品の広告に大きく関わってくる薬事法

業界の権威である林田学さんが薬事法について解説

化粧品やサプリメント、医薬品など、肌に塗ったり口から直接摂取するタイプのものなど、世の中にはたくさんの商品が溢れかえっています。
とても魅力的な商品ばかりで、中には役に立ったり、治療効果が得られるものなどが存在します。

これらの商品を安全に正しく使えるように、法律によって定められているのが薬事法と呼ばれるものです。
登場したのは割と古く、昭和23年という戦後すぐの頃です。

その後は何度か改正を経て、昭和35年頃には現在でも引き続き使われているような法律の内容に落ち着く形になりました。
最近では平成25年に、大きな改正が実施されています。

薬事法の対象になる商品

主に薬事法の対象になる商品として、医薬品と医薬部外品、化粧品や医療機器が存在します。
どれも治療やケアに関わってくる商品ばかりですが、その効果や機能に関して消費者や利用者に嘘偽り無く伝えることを義務化しているのが、この法律の目的と存在価値です。

法律違反をした場合に責任を問われるのは、全ての人です。
商品を製造したり販売するメーカーや販売店だけではないことをよく覚えておきましょう。
広告に携わる人も対象になります。

つまりアフィリエイトも対象ですから、気をつけてサイトやブログ記事を作成しなければなりません。

誇大広告には気をつけるべきと林田学さんは言う

薬事法で注目すべき点の一つが、誇大広告です。
とても身近な存在で、うっかり法律違反をする危険を持っています。
覚えておくと、商品を販売するときばかりでなく、騙されずに商品を購入する目安として知識を活かすことができます。

誇大広告に抵触する危険があるのが、医薬部外品と化粧品です。
これらは医薬品ではありませんので、効能をはっきりと記述すると法律違反になる可能性が高い商品です。

医薬部外品であれば医薬品にも使われている効能が認められた薬剤が配合されていますので、ある程度の効能を広告やパッケージに記載することができます。

とはいえ、配合されている濃度が低く、治療できるほどの存在ではありません。
医薬品と同じような内容を記載するのは危険です。
例えばニキビを治療する、シミが消えるといった内容は許されない可能性が高くなります。

細かい表記の仕方に注意する

化粧品には効能を記述することができません。
ケアに留まる内容までしか許されず、あくまでも化粧品として楽しむ程度の存在でしかない商品です。

肌に潤いを与える、健やかにする程度の記述なら許されますが、たるみを改善する、毛穴が小さくなるなどの明確な記述や、消費者が誤解しやすい広告内容にしてはいけません。

医薬品や医療器具の場合なら、効果効能、治療ができることが実証されていれば、そのような内容の広告が許されます。

また、医薬品や医療機器には薬事法でクラスごとに分類されており、記述内容や取り扱う場所に関して厳しく法律で規制されています。
例えば市販薬なら、第1類~第3類の3段階で分類されており、第1類が最もリスクの高い市販薬で、文書による情報の義務が必須になっています。

林田学書籍より引用

日本ユニセフ協会がピンハネをしているって本当?

日本ユニセフ協会の噂の真相

日本ユニセフ協会が寄付金をピンハネしていると言う噂がインターネットなどで流れていますが、これは事実ではありません。

このような噂が流れるのは寄付金の全てがユニセフに送金されていないことによるものですが、これはユニセフと日本ユニセフ協会の組織的な関係によるものでピンハネではありません。

この組織は本国のユニセフとは一切関係のない独立した団体です。

ユニセフの世界中の子供のために寄付金を募りこれを有効に役立てると言う趣旨に賛同して日本国内で設立された独立した団体であり、寄付金を募ってユニセフに送金するほか様々な独自の活動を行っています。

そのためその活動に当たって様々な資金が必要になり寄付金の1部をその活動資金として利用していることからピンハネと誤解されてしまうことがあるのです。

ユニセフは世界各国にその支部を持っており日本にもその支部がありますが実際に支部としての積極的な活動が行われていない実態があります。

ユニセフの支部はあくまでも窓口機関であり寄付を受け付けユニセフに送金することが主な業務であるため積極的な広報活動等は行っていません。

そのためユニセフの活動を知っており直接ユニセフに寄付を行いたい人は自分に寄付を行うことになりますが、その寄付金が日本の子供のために役立てられる可能性は非常に少なく、ユニセフで取りまとめて世界中に分配されることになります。

日本ユニセフ協会であるためユニセフとは個別の活動を行っている

しかし日本国内で様々な子供に関する問題が発生しており、これらの問題を個別に取り上げ救済するための活動を行っているのが日本ユニセフ協会であるためユニセフとは個別の活動を行っている実態があります。

そのため組織として独自の運用をするために必要な専任者を配置し広報活動も行う必要があるため給付金の1部をこのための資金として利用しているのです。

日本ユニセフ協会が寄付金をピンハネしていると考える人の多くはユニセフと同一の組織であると誤解していることが大きな理由です。

積極的に寄付金を募り効率的に利用するためには最低限必要な資金がありこの資金を寄付金から調達しているために実際にユニセフに送金する金額は集められた寄付金全額ではなくなることから、ピンハネをしていると解釈されてしまう面があります。

しかしその活動はユニセフ本体からも高く評価されている活動であり、良い協力関係を築いて行っている活動であるため非常に有益なものとなっています。

そのため日本ユニセフ協会はユニセフの活動において非常に重要な位置づけの組織であり、正当な理由を持って寄付金の1部を活動資金として利用しているのです。

理想のパソコンを買えるドスパラの評判について

ドスパラについて

今や誰でもスマートフォンを持つ時代になりましたが、パソコンがまったく廃れたわけではありません。

むしろビジネスや趣味の世界では、存在感を増しつつあります。

タッチパネルでも文字入力は長文には不向きで、書類作成にも、まだまだマウスとキーボードは不可欠です。

第一、パソコンとスマートフォンでは性能に大きな違いがあります。

大容量の動画や、3Dゲームなどは膨大な記憶容量と優れたCPUが必要です。

ただ、性能と値段は比例する傾向があるのは当然で、高額なパソコンはときとしてスマートフォン以上になります。

さらにメーカー製のパソコンは割高で、余計なソフトが最初からインストールされている点が不都合です。

では自分でパーツを組み立てればいいかというと、誰もがそれを可能とする知識を持っているわけではありません。

相性の悪い部品を組み合わせれば、故障が誤作動の原因になります。

ドスパラのパソコンは、メーカー製の手軽さと、自作の経済性を兼ね備える優れものです。

幅広いラインナップが用意されている

用意されているラインナップは、ローコストからコアゲーマーも納得のハイスペックモデルまで幅広く揃っています。

自分の用途に合わせて選べますから、まったく無駄がありません。

インストールされているソフトは最小限度である一方、オプションで追加することもできます。

セキュリティソフトやオフィス系も加えられますので、たいへん便利です。

そしてモデルを選択できるだけでなく、細かくカスタマイズを施せます。

ハードディスクの容量を増やしたり、HDDからSSDに変更するなど、その内容は多彩です。

もちろんメモリを大幅に増強することもできますから、反応速度を簡単に速められます。

ドスパラでは、逆に性能を落として値段を下げることもできますので、自分のニーズに合わせるには最適です。

精密機器である以上、故障のリスクが常につきまといます。

ドスパラでは標準で修理保証がついてくる他、オプションとして期間を延ばすことも可能です。

適応範囲の拡大を追加することもできますので、不測の事態にも落ち着いて対処できます。

また、ドスパラのホームページでは定期的にセールを実施しており、さらに格安で購入する大チャンスです。

今話題のVRに対応した高性能モデルも販売していますので、最新技術を体験したい人にも有用といえます。

タブレットやPCパーツも販売していますので、コアユーザーにも好評です。

ドスパラをこまめにチェックして、もっとも欲しいパソコンを手に入れていきましょう。

※ドスパラの評判に関して・・・https://xn--qckde3b8ftd0ge8e.biz/697/

電子ブレーカーの魅力と価値を引き出す選び方

電子ブレーカーについて

ブレーカーの新しい形、電子ブレーカーは大きく進化した仕組みで、従来の方式を置き換える魅力があります。

今までのブレーカーは、金属の物理特性を活かし電流を遮断する方式が一般的だったので、過電流の発生から遮断までに時間差がありました。

また、許容量内の電流であっても、仕組みの特性上で発生する誤差によって、ブレーカーが作動してしまうこともあったといえます。

ブレーカーは、元々電流に反応する精度の誤差が大きく、劣化が進んでいると更に遮断が発生しやすくなります。

何時遮断が発生するか分からなければ、設備の稼働に支障が生じたり、遮断に対する恐れが発生することにもなりかねません。

しかし、電子ブレーカーはデジタル制御で動作しますから、誤差がとても小さく、安定した動作が行える点が優れます。

寿命的にも従来方式に引けを取りませんし、長期的な安定性を有していますから、安心して任せられるブレーカーとなるでしょう。

この高精度な電流量の計測によって、従来とは異なる性能と、魅力的な新しい価値を実現しています。

主開閉器契約という新しい契約を提供している

電力会社は、主開閉器契約という新しい契約を提供していますが、これまではあまり普及していませんでした。

その理由としては、契約方式に関する認知度が低かったこと、そしてメリットが分かりにくかった点が挙げられます。

所が、このような状況はブレーカーの進化によって、大幅に浸透して広がりを見せるまでになっています。

主開閉器契約の特徴は、契約するメインブレーカーのアンペア数から基本料金を算出し、使用状況に応じて電気料金が決まることです。

従来は、設備の出力で基本料金が決まっていましたが、新契約方式ではブレーカーのアンペアで判断するので、分かりやすく改善されたと考えられます。

主開閉器契約のメリットは、設備の使用状況をコントロールして、メインブレーカーのアンペアを低く抑えることで、電気料金を大幅に引き下げられることです。

契約の変更を検討する時は、電子ブレーカーのメリットを知ることで、節約を効果的に実現してくれる味方となります。

主開閉器契約の認知度が低く、あまり普及していなかったもう一つの原因は、ブレーカーの動作に関する誤差精度です。

従来方式は周囲の温度に影響されやすく、自らの劣化度合いにも反応して、誤作動することが少なくありませんでした。

その為、メインブレーカーのアンペア数に余裕を持たせる必要があったり、期待できるメリットの幅が小さかったことから、期待した通りの結果が得られていなかったのが実情です。

電子ブレーカーには、回路に流れる電流値の計測だけでなく、時間も正確に計測して制御する高度な仕組みが備わります。

高性能かつ高精度なブレーカーが登場した結果、アンペア数の決定は容易になり、より安全に主開閉器契約の変更が行えるようになっています。

主開閉器契約を導入すると、計画的に設備を稼働させる電気の使い方が行えるので、従来よりも効果的に電気料金の節約が実現します。

製造業を始めとして、サービス業や各種商業施設の間でも普及していますから、節約効果は本物だと評価されていると考えて間違いありません。

年間10万円の節約を実現した事例もある

年間10万円の節約を実現した事例も出ているので、導入を真剣に考えるだけの魅力が存在しますし、試算してみても損をすることはないでしょう。

魅力的なメリットをもたらす電子ブレーカーですが、確実な節約効果を得たいのであれば、ブレーカーの選び方が重要になります。

高精度なブレーカーに求められるのはやはり、正確に電流値を計測できることと、期待通りの動作を行ってくれる二つのポイントです。

そもそも、精度が低くては従来方式と変わりありませんから、高精度な動作を保証してくれる、そういったメーカーの製品を検討することが大切です。

例えば、ネオコーポレーションを一例に挙げると、主要製品のネオコントロールシステムの事例が参考になります。

ネオコントロールシステムは、業界No1の販売実績を誇る製品で、主開閉器契約を前提とした導入によって、優れた節約効果を発揮するのが特徴です。

販売実績は、販売開始から10年あまりで13万台を突破していて、多業種から節約効果を認められていることから、説得力がある数字だと分かります。

実績は現在も更新中で、業界のトップを走り続けていますから、これからも普及のペースに注目が集まるでしょう。

このように、電子ブレーカーを導入するなら優れた実績があって、導入からサポートまで安心して任せられる企業が検討に値します。

売りつけるだけでサポートをしない、期待した通りの節約効果が得られない、という悪質な業者も存在しますから、信頼を前提に比較検討して選ぶことが肝心です。

業界No1の実績を残している企業であれば、信頼に足る説得力が備わるので、後は製品を導入するだけのメリットや価値があるか、この検討を行えば導入の決定に関する答えが出るはずです。

既に導入を決めている事例は多く、節約効果を授受している企業が少なくありませんから、過去の事例を参考に検討を始めてみるのが得策でしょう。

世間知らずの主婦が多額のローン返済

短大を卒業してすぐに結婚して専業主婦になりました。

子育てが始まり忙しい中での家事に追われながらもつつましく暮らして居ました。

主人は一部上場企業に勤めるサラリーマンで家庭を大事にしてくれたので、私も専業主婦に甘んじる事が出来ました。

子供が小学校に上がると子育ても一段落して少しは自分の自由な時間が出来たので、近所の主婦同志が集まって毎週行われて居る料理の教室に行くようになりました。

料理はとても好きな方でしたので近所で同世代の奥さん達の中で色々な情報交換をしながらの料理教室はとても楽しい物でした。

場所は毎週違う家に前持って決めてあり順番が回って来ると家を開放して皆が集まるようにセッティングをします。

最初は散らかった家でも構わず招待してくれる家も多く、家庭の状況が垣間見えるとてもフレンドリーな雰囲気の中で、5、6人の主婦が姦しくおしゃべりしながら開かれて居たのですが、一人のセレブな女性が入って来た事で雰囲気がガラッと変わってきたのです。

主婦ってローン組めるの?

その方は少し周囲より年配の女性で近所の中でも一番大きい家に住んで居る主婦でした。

兎に角持ち物からして私達とは違う雰囲気を纏って居て、物腰も柔らかで宝石類も芸能人が身に付けて居るジュエリーをさりげなく付けて居る大変お金持ちの様子の女性でした。

自慢する様子も無く別荘の話や子供の通う私立の小学校の話をするので、庶民的な私達の憧れの存在にもなって居ました。

一年程すると家庭の悩みを相談出来る程の中になり経済的な事も相談するようになって行ったのです。

私はその女性と一番親しくして居た事もあり子供との関係や主人との話も深い事を相談したりする様になって行ったのです。

その頃主人の昇給がうまく行かずに給料の査定が下がり経済的に少しだけ落ち込んでしまったので、家のローンが重くのしかかってきていると言う話をした所、その女性から株をやって見ないかと言う話をされたのです。

その女性も大きく株取引をして居て旦那さんより稼ぎが良い事や、そのお金で子供の教育費などを捻出しているとの事でした。

うまく行った時には月に一千万円もの大金を手にした事もあり、手堅い情報網があるから絶対に損は無いと言うのです。

私自身は嫁ぐ際に実家から何かがあった時の為にと数百万円の貯金を貰って居た事もあり、定期預金に預けっぱなしにして居た物の全く増える事が無いので何かに投資が出来ればと考えて居た矢先でした。

リスクも無く元本も保証されているので絶対の損は無いから試しに始めてみたらと言われて初めは10万円程投資をしました。

すると翌月に2万円の配当だと言ってその女性から受け取った事で私の運命は狂い始めたのかもしれません。

10万円預けて月に2万円の配当であれば、もし100万円預けて居たら20万円になったのだと考えました。

専業主婦のキャッシング事情

直ぐに私は詳しい話等は聞かず勿論契約書も交わさずに投資を決めました。

主人には勿論内緒で実家が持たせてくれた貯金から全てを出資しました。

結局500万円程女性に渡してしまい全て口約束で現金で渡してしまったのです。

そして翌月の配当を楽しみにしていたのですが、その女性の口から驚くような話を聞いたのです。

株が暴落してしまって配当金が出無い事と、暴落を止めるには残り200万円程を出資して食い止めなければ今までのお金が返って来ないと言うのです。

これには驚いてしまい兎に角止める為の200万円が必要だと私は考えてしまい、夫婦で貯めて居た預金の一部と銀行からローンで借入した分をその女性に渡しました。

配当が入れば直ぐに返済に回せると思って居たのでローンが返済できないとは全く考えてはいませんでした。

そして翌月になっても女性からは何の返事もありません。

私が問いただすと言葉を濁すようになりだんだん料理教室にもその女性は来なくなったのです。

後から聞いた所被害にあったのは私だけでは無く、他の女性もかなりの金額をその女性に預けていると聞き始めて騙されたと知りました。

他の奥さんは家を担保にして借り入れをした方も居て、来月の返済に困っている状態の方も居ました。

私自身も夫に相談も出来ませんし返済分に頭を悩ませています。

結局700万円以上をその女性に渡してしまったし、証拠は何もありませんので訴える事も出来ません。

勿論訴えたりすれば事が公になってしまい主人に知られる事が最も怖い事なので泣き寝入りするしかありません。

ある日セレブなその女性は人知れず引越ししてしまい音信不通になってしまいました。

多分最初から私達主婦層をターゲットにして荒稼ぎをして居る詐欺の集団の様な物だったのかもしれません。

私はこの先かなりの時間を掛けてローン返済と節約の生活をしなければならなくなりました。

今も思い出すと本当に悔しい気持ちになりますが、目先の現金に心を奪われて自分が一番駄目だったと反省して居ます。

節約生活は本当にきついのですが主人にばれないで済んだことが本当に良かったと思って居ます。

主婦 ローン 審査

投資顧問会社が法律に基づいて登録を受けるまでの流れ

投資顧問会社は、かつては投資顧問業法に基づく規制の対象となっていましたが、2007(平成19)年9月30日にこの法律は廃止され、代わりに同日に施行された金融商品取引法による規制を受けることになりました。

金融商品取引法上では、投資顧問会社は「投資助言・代理業」に分類され、内閣総理大臣からの登録を受けなければ営業をすることができません。

投資顧問会社が金融商品取引業者として登録を受けるためには、まず会社の所在地を管轄している財務局または財務事務所で、担当者との面談に臨まなければなりません。

面談では、事業計画が投資助言・代理業に該当するかどうかや、申請者および在籍する会社に投資助言・代理業を遂行する体制や能力が備わっているかどうかなどについての聴取があり、登録に問題がないと判断されれば申請書類を準備する作業にとりかかることができます。

法令上では面談は必要とされてはいませんが、面談を経ずに登録を受けることができた投資顧問会社はほとんどないため、実質的には事前審査とほぼ同等です。

設立後短期間で業務をはじめられるようにしたい場合は、最初の面談でクリアすることがほぼ必須となるので、十分に時間をかけて準備をしましょう。

申請書類一式が揃ったら、管轄の財務局にそれらをすべて提出します。

もし、提出された書類に不備がなく、登録拒否事由に該当するような事項がなければ、提出日から2~3ヶ月程度で登録が行なわれます。

他の業種だと、登録や許可を受ければすぐに営業をはじめられるケースが多いですが、投資助言・代理業の場合は登録を受けた後に営業保証金を供託する必要があります。

営業保証金は設置する事務所の数に関係なく500万円となっており、供託先は会社所在地を管轄する法務局となっています。

登録事務は財務局が行っていますが、供託金の納付先は法務局となっているので、間違えないようにしましょう。

営業保証金の供託が確認されると、法務局からは供託書の正本が交付されます。

あとは、この書類を添付して、財務局に営業保証金供託届出書を提出すれば、正式に登録されたことが通知され、業務をはじめることが可能になります。

なお、金融商品取引業者として登録を受けた場合は、各事務所の見やすい場所に登録票を掲示する義務があります。

登録票の寸法と記載内容は内閣府令で指定されているため、自分で作成することは不可能ではありませんが、できるだけ標識の製作を請け負っている業者に依頼して、見栄えの良いものをつくってもらいましょう。

 

マーチャントブレインズ投資顧問株式会社」より引用