構造物メンテナンスのスペシャリスト

■構造物の維持で重要なメンテナンス

構造物を維持していくにあたり重要な要素としてメンテナンスがあります。

メンテナンスは、一般的には建物の使用における損傷や経年劣化に対しての解決方法として認識されています。

一方、重要なものに構造面があり、ここでのメンテナンスを怠ることで、場合によっては大きな損害や被害につながることもあります。

特に耐震性能に関しては従来から指摘が行われており、各地域でも様々な構造物に対して耐震補強が進められています。

耐震補強以外の大切なこと

構造におけるメンテナンスは耐震補強の他に、構造物の延命や価値向上を図るためにも行われ、例えば、建築物ではより魅力的な物件を創り上げることも可能になります。

ただし行う場合には業者の選択が重要なポイントになり、ここでは、ノウハウとともに確かな実績を有するスペシャリストに依頼をすることが第一条件となります。

構造物のメンテナンス・スペシャリストとして事業展開を行う企業に株式会社キーマンがあります。

本社を大阪府東大阪市荒本新町に置く他に関東拠点として東京支店を設けており、現在、土木施工管理技士1級11名・2級4名、建築士1級1名・2級2名、建築施工管理技士1級5名・2級8名、建設業経理士2級2名、第一種衛生管理者1名の有資格者が業務に従事しています。

許認可は建設業登録(国土交通大臣許可)とともにISO9001品質マネジメントを取得しており、依頼をすることでクオリティの高いサービスを受けることができます。

■株式会社キーマンの沿革

株式会社キーマンの沿革は1993年(平成5年)まで遡り、大阪市此花区でコンクリート補修・補強専門会社として創業されたキーマン・テクニカルからスタートしています。

現在の会社は土木・橋梁等鋼構造の耐震補強業務を主体として1996年に設立され、本社機能も東大阪市に移転されています。

また、同年、大阪府知事による建設業許可を取得しており、1998年には建築耐震補強業務に進出しています。

その後、2005年の本社ビル完成・移転を経て、大阪府知事による特定建設業許可、国土交通大臣による特定建設業許可、ISO9001を順に取得し、2013年の東京支店開設まで至っています。

企業理念について

株式会社キーマンは企業理念をはじめ、キーマンビジョン、4つの基本方針、行動心得10箇条を掲げ事業を進めています。

ISOに基づく品質方針も設けており、ここでは6つの内容を定めることで高い品質を追求しています。

キーマンの強みには、経営面、耐震のプロフェッショナル、サービス面、社風、社員、応援団の6つがあり、例えば応援団には学会や自治体、民間企業等とのつながりがあります。

■キーマンの事業は建築と土木に分かれる

株式会社キーマンの事業内容には建築工事と土木工事があり、建築工事では耐震補強の診断・設計業務、耐震補強工事、建築物改修工事、土木工事では構造物の調査・劣化診断、橋梁・耐震補強工事、構造物維持・メンテナンス工事に対応しています。

これまで数多くの実績を残しており、まず、建築分野においては学校・庁舎、集合住宅、事務所・テナント、その他として大型ショッピングセンターやホテル、病院、環境エネルギー事業などがあります。

1例として学校・庁舎を上げれば、2015年だけで29施設の耐震補強工事を手掛けており、そのほとんどが夏休み・冬休み期間中に行われています。

学校の耐震補強は技術面・安全面はもちろんのこと、休み期間中となるために厳格な工程管理が要求され、ここではキーマンの持つ強みが発揮されています。

土木分野においては、橋梁、河川、道路等があり、設立以来となる豊富な経験が活かされています。

橋梁や河川、道路は立地条件や使用状況によってもメンテナンス内容が異なり、対策が遅れてしまうと大惨事につながることもあります。

そのために定期的なメンテナンスは不可欠となり、工事には高い技術が求められます。

これまで橋梁修繕を中心として数多くの実績があり、例えば2015年では9件の工事を行っています。

橋梁修繕の他にも河川漏水工事、港湾施設の耐震化、道路延命化工事と様々な分野を手掛けており、その実績は高く評価されています。

キーマンの強みである耐震診断・耐震設計

株式会社キーマンの大きな特徴の1つに建物の耐震診断・耐震設計があります。

まず耐震診断とは、建物の耐震性能を評価しその建物が所定の耐震性能を満たしているか確認をする業務のことを言います。

調査には、ひび割れ調査、コンクリートコア採取、コンクリート中性化調査が用いられ、診断には一次、二次、三次の3つが用意されています。

建物形状・特性、要求される診断の精度によって採用される診断が異なり、結果によって的確な耐震補強の提案が行われます。

診断は計算難易度によって分類されており、例えば最も難易度が高い三次診断は、主に梁の破壊や壁の回転で耐震性が決まる建物に採用され、柱、壁に加え梁の影響も考慮して保有水平耐力の判断が行われます。

耐震診断・耐震設計は、予備調査・建物現地調査、耐震診断、耐震補強設計、耐震改修工事の流れで進められます。

強みは工事までワンストップで行えることがあり、依頼者側からみても工程ロスを避けることが可能になります。

ガレージハウスに住む魅力

ガレージハウスとは、家の中に車やバイクを駐車するスペースを設けるビルトインガレージを設置した住宅のことです。

ビルトインガレージは建て主の希望を設計に反映できる注文住宅に多いですが、近年はガレージハウスの人気が高まっていることもあり、分譲住宅でもビルトインガレージが設置されていることがあります。

その魅力は、なんと言っても愛車を自宅内に収納し、リビングでリラックスしながら愛車の姿を眺めることができることです。

多くの場合、ガレージと室内の境目となる壁がガラスになっており、ガレージに停めている愛車を心ゆくまで眺めることが可能なのです。

また、屋内ガレージは車やバイクが雨ざらしになることがないことに加え、横風からも守れるというメリットがあります。

屋外の駐車場では屋根があったとしても風雨を完全に防ぐことは不可能で、特にバイクの場合は強風時に倒れる危険性がありますが、ビルトインガレージであればそういった心配をする必要がなくなります。

さらに、ガレージ内に工具を置いておけば自宅に居ながらにして愛車の整備をすることもできるのです。

一方で、ビルトインガレージを設置したガレージハウスは住宅の全面に車が出入りする開口部を設けているため構造的にバランスが悪くなってしまうというデメリットがあります。

ガレージがあるぶん一階のスペースも狭くなり、バスルームや洗面所を二階に上げる間取りにしなければならないこともあります。

とはいえ、自分の車趣味を満喫できるガレージハウスはデメリットを補って余りある魅力にあふれているのです。

私もガレージハウスに住んでいます。

私の趣味は乗り物に乗ることで、自宅には自動車とオートバイが一台ずつ、さらにロードバイクが二台あります。

マンションに住んでいた頃は自動車とオートバイの駐車場代がかさみ、ロードバイクは室内に持ち込んでいたため居住スペースが狭くなっていましたが、現在は全てをビルトインガレージに置くことができているので金銭的にも楽になりました。

そして、仕事から帰ってきてリビングで一服するときに愛車の姿を眺めている時間が毎日の楽しみになっています。

休日は自動車とオートバイ、さらにロードバイクの中から気分に合わせて好きな車種を乗っています。

ガレージから出発するときとガレージに帰ってきたときはこれ以上無い幸せな時間です。

休日だけでなく、仕事がある平日も趣味を満喫できるようになりました。

 

 

スポンサードリンク
東京住建 口コミ(@tokyojuken_k)さん | Twitter

田舎暮らしを考えている方に

田舎の綺麗な空気と水、豊かな緑、静かな環境に憧れて、田舎暮らしを考えている方も多いと思います。

実際に都会から田舎に移り住んで望み通りのカントリーライフを楽しんでいる人を見ると、田舎に移り住みたい気持ちはますます高まってきます。

実際に私も四季工房の素晴らしい住宅を見てきたんですが、本当に憧れたものです。

しかし、憧れだけで田舎で暮らすことができるでしょうか?

美しい田園生活への憧れが強くなりすぎて、見なければいけないものが見えていないのかもしれません。

田舎で暮らすということは、そこで衣食住を営み近所との付き合いもするということ。

暮らしていくということに関しては都会も田舎も基本は変わらないのです。

自然環境に関しては都会とは比べようもなくいいのは当然です。

が、そこに見えていないものがあります。

田畑には農薬をまきます。

散布しているときの農薬の匂いは強烈です。

野焼きをしたりゴミを焼いたりして煙が流れてきます。

田畑に害鳥害獣が寄ってこないように数十分おきに爆音を自動的に鳴らす装置を作動させている農家もあります。

虫は数も種類も多いです。

大きな蛾や蜘蛛が家に入ってくるのも珍しくありません。

田んぼに水が入るとその日の晩からすさまじい蛙の鳴き声がします。

憧れの田園生活にはつきものなのです。

社会環境については都会との差があります。

大きな病院は近くにありません。

学校も近くにありません。

買い物についても不便なのは当然です。

豊かに揃った様々な商品から選ぶことなど考えてはいけません。

ネットを使えば取り寄せられるでしょうが、田舎ではネット環境が都会並みではないことも忘れてはいけないでしょう。

無人の山野で暮らすわけではないので、近所付き合いを考えないわけにはいきません。

というより、田舎では近所付き合いが最も大切なのです。

田舎の人はいい人が多いのは事実です。

しかし、そこは人間の社会、少しの行き違いで溝が深まることもあります。

田舎に移り住んだこちらのほうから挨拶をして話しかけるのが当たり前のことです。

田舎で暮らす様々な情報を得なければいけませんから、無駄と思える話にも長々と付き合わなければいけません。

田舎の行事には率先して参加しなければ後で何を言われるかわかりません。

都会で暮らしていたときの、自分は自分、他人は他人、などという考え方は通用しません。

そんな考えで田舎の人たちの心を射止められるわけがありません。

田舎の社会は狭いです。

一度嫌われてしまうと、それから後の生活は針の筵になります。

憧れだけでなく、現実に他人と向き合って田舎に溶け込もうという姿勢でなければ田舎暮らしは失敗します。

周囲の人のことを考えながら暮らすということを改めて考えてみたほうがよいでしょう。

フィットって買取してもらえる?

フィットは、ホンダが発売している小型の乗用車です。
2001年に登場し、2002年には小型車の売上トップを記録するなど、非常に人気の高い車種で、現在でもハイブリッド車などの新型が登場し、販売され続けています。

最初の発売から有に10年以上が経つフィットシリーズですが、その人気の高さと、現在も販売が続けられていることから、中古車市場でも一定以上の人気を誇り続けています。

フィットは小型車ですから、定価もそれほど高額というわけではありません。
けれど、それでも、フィットの買取をしていないという中古車業者はほぼないと言えるでしょう。

新車業界で人気があるということは、中古車業界でも同じく人気があり、高価買取が望める車種ということになるのです。
だからこそ、最初に新車と買う時も、フィットを選んでおくという人もいます。

ある程度人気のある車種でなくては、買取依頼時に値段が買いたたかれてしまいますから、これは当然のことですね。
こうして、新車での需要が高まり、全体としての人気もあがっていくというわけです。

フィットはこのように非常に人気の高い車種ですから、よほど古すぎたり、状態が悪かったりしない限りは、どこの買取業者であっても買取自体はしてくれるでしょう。

しかし、どうせ売るなら、10万円よりも20万円、20万円よりも30万円で売りたいですよね。
買取価格がいくらなのかは、業者に依頼すれば査定をしてくれます。

査定自体はどこでも無料ですから、気軽に頼むことができますが、あちこちの業者に出向いて査定額を比べるためには、時間も手間もかなりかかってしまいますよね。

そうこうするうちに、相場が変動してしまい、せっかく比較してみても、最初に出された見積もり額ではもう買取してもらえないなんてこともあり得ます。
こういうことを防いで、有利にフィットを買取してもらうためには、きちんと効率の良い査定額の見極め方を知っておく必要があるんです。

 

 

このページに関連する記事
査定額はモデルチェンジを境に低くなる/フィットの買取相場は?

看板のデザインをコンペで

コンペというものをご存じでしょうか。

コンペとは、募集に対してフリーのデザイナーなどが応募してくるコンテスト形式の案件です。

今まではおもに企業がホームページで募集をかけ、そこに応募するのが主流でした。

しかし現在では個人でもコンペを利用して募集をかけることができます。

クラウドソーシングというサービスの利用者が徐々に増えており、このサービスを提供しているサイトを通じてコンペを出すことが可能です。

コンペで看板のデザインの募集をかければ、全国のクリエイターからデザインを掲示してもらえます。

コンペの最大の利点は費用節約です。

看板のデザインは数万〜数十万という金額がかかり、減額することはできません。

複数のデザイン会社に見積もりしても、同じような金額になるケースもあります。

一方のコンペは、自分で看板デザイン料金を設定できます。

たとえば予算が1万なら、1万円で募集をかけることができるのです。

1万円でも全国のクリエイターに向けて募集すれば、何件かは応募があります。

応募された看板デザインの中から、自分が気に入ったデザインを選べるのもコンペの魅力でしょう。

デザイナーによっては複数の看板デザインを掲示してくることがあります。

その中でイメージに合うデザインがあれば、直接デザイナーと連絡を取ることも可能です。

また、募集期間も自分のスケジュールに合わせて設定できます。

一般的には2週間から1ヶ月程度ですが、時間がない場合1週間にしたり、スケジュールの調整がしやすいのです。

急ぎの場合などは値段を少し高めに設定するのも良いでしょう。

ただし、コンペは必ず応募が来るとは限りません。

募集内容によっては一件も応募がないことだってあります。

看板デザインを募集するなら、しっかり募集要項も記載しましょう。

コンペもメリット・デメリットがありますが、看板デザインの選択肢として有効です。

自分でデザインするのが苦手、外注は高くつくという方は選んでみてはいかがでしょうか。

 

看板 デザイン 今風
道頓堀グリコサイン

転職エージェントで負担を減らす

転職活動の負担は決して小さいものではありません。
毎日の業務にプラスアルファで転職活動を行わなければならないのです。
更に厄介なのが、転職は決して義務ではありません。

行わなければ行わないで特に怒られるような事はありませんので、残業で疲れているからといって転職活動を何も行なえなかったとしても、転職が先延ばしになるだけで、決して誰かに負担を強いている訳ではありません。

“転職エージェントで負担を減らす” の続きを読む

公益質屋

公益質屋とは市町村や社会福祉法人、特別区などが公共の利益(公益)を目的として運営されていた質屋のことです。
営業質屋とは公益質屋に対して民間が営業している質屋のことをいいます。

営業質屋は様々な法律により規制を受けていました。
そのかわりに、民法では認められない流質契約を認められたりするなどの有利な扱いもされています。
公益質屋や営業質屋にプラスされて公益質屋法というさらに特別な法律で規制を受けていました。

“公益質屋” の続きを読む

町の電気屋さんは便利

みなさんの自宅にも冷蔵庫はあることと思います。
食料を保管する上で、冷蔵庫は欠かせない存在ですよね。
冷蔵庫は大変便利で飲み物も冷たい状態で冷やしてくれますし、食料保管にも大変向いています。

そんな冷蔵庫ですが、昔はそれはそれは画期的な製品でした。
冷蔵庫が出る前は、氷屋で氷を買ってクーラーボックスのような箱に入れて利用するのが通例でした。
それが電気屋でも冷蔵庫が出始めるようになって、各家庭に冷蔵庫が普及していったわけです。

昔は冷蔵庫がなくても普通に生活していたというのも、すごい話ですよね。
電気屋さんは小規模ながらもどこの街にもあるのが普通でした。
当時は車がない家庭も多く、自転車ですら高級品だったので交通の便を考えても、近所にお店があるかどうか?が最重要なことでした。

冷蔵庫ですが、当時はそれこそ憧れの存在でした。
みなさんは「月賦払い」という言葉をご存知でしょうか?
月賦払いとは名前のとおり、月々少しずつお金を払うことです。

今で言う「ローン」を言い表します。
冷蔵庫もそれこそ当初は高価なもので、一括で購入できる人はなかなかいませんでした。
そうしたことも踏まえて、月賦で販売するのはごく当たり前のことでした。

月賦は当然ながら利息があります。
そのやり方はまちまちですが近所の電気屋の場合、顔なじみということで電気屋が肩代わりしてくれるケースも多々がありました。
そうした地域間の密着は年々薄れており、安価で購入できる大型店で買い物をする人が増えています。

冷蔵庫もそうですが、あらゆる電化製品はそれなりに高価だったので庶民にとって憧れの的でした。
各家庭が増えたのもこのころからであり、そうした動きもさらに加速した時代でもあります。

現在では当たり前であり、どこの家でも必ずといっていいほど常備されているものですが、発展途上国では各家庭に普及していないことも少なくありません。
街の電気屋は私たちの心のオアシスとも言える存在です。

お得な自動車保険を探す

自動車保険というと、以前は代理店型自動車保険が一般的であり、保険胸襟はどこの保険会社を選んでもあまり大差はありませんでした。

しかし1998年に自動車保険が完全に自由化され、保険会社間で保険料に明らかな格差が出るようになりました。

つまり、保険会社間で比較検討することにより、保険料を引き下げられる可能性が出てきたというわけです。

実際に我が家では、自動車保険会社を比較検討することにより、だいたい2割程度保険料金を節約することに成功しました。

“お得な自動車保険を探す” の続きを読む