jump to content immediately

憧れの結婚指輪、何を基準に選びますか?

女性の幸せの象徴である結婚。

彼からプロポーズを受ける時、素敵な言葉とともに、パカッと小箱が開けられ輝くリングが・・という場面を夢見る女子達も多いことでしょう。

ところでこの場面のこの指輪。婚約指輪か結婚指輪か、ご存知ですか?

そんなに小難しい定義はないのですが、厳密に言うならば、プロポーズする時に渡される指輪は婚約指輪だというのが正しいです。

カップルによって違うものの、結婚にまつわる指輪といえば、婚約指輪と結婚指輪です。

婚約指輪は、男性が女性のために用意し、婚約期間中に身に付けるもの。

結婚指輪は、結婚してから多くは男女ペアで身につけるものです。

プロポーズの時が婚約指輪なら、結婚指輪は結婚式の時の指輪の交換の時の指輪ですね。

婚約指輪は、ダイヤモンドなど、飾りつきで、華やかなものが多く、結婚指輪は、飾りなしのプラチナなど、シンプルなものが人気があります。

結婚指輪は、結婚後ずっと付け続けるものですから、飾りをつけてしまうと、仕事や家事がしにくくなるので、どうしてもシンプルなものになります。

一方晴れて婚約期間を終えお勤めを果たした婚約指輪。

結婚式に呼ばれた時に、結婚指輪と重ね付けして楽しんでもいいですね。

また、こだわりどころは様々で、婚約・結婚指輪だけは、普段は購入しない、したくてもできない高級ブランドで購入する人もいるでしょうし、完全なオリジナルを発注するカップルもいます。

デパート等で購入する場合は、すでに商品となって並んでいる指輪の中から気に入ったものを選び、それにお互いの名前や結婚記念日を刻印するというパターンが多いですが、オリジナルというのは、指輪のデザインから素材に至るまで、全部指輪の作家の方と相談しながら、自分たちで決めていくというもの。

人と同じものが嫌で、世界に一つだけの物を作りたいと思うなら、ネットや結婚情報雑誌で、自分達のセンスと合うメーカーを探してみるのもよいかもしれません。

どんな指輪を選ぶしろ、十分に時間をかけて、思い出に残る買い物にしたいですね。

michidoo in 比較 on 7月 07 2016 » Comments are closed.