jump to content immediately

お金を借りる際は年収に注意

お金を借りる時には自分の年収に注意しておく必要があります。
いざお金を借りようとしたけど、希望通りの金額を借りられないようなケースも実は多いのです。
これは初めてお金を借りる際も気を付けておくべき点と言えます。

お金を借りる業者によって上限金額は違います。
50万円まで、100万までといったように上限額自体はそれぞれ決められています。
ただし、この上限額一杯まで借りられるかとなると、実はそうでもないのです。

お金を借りられない人のほとんどは、すでに他社で借り入れし、現在返済中であることが多くなっています。
他社の借金を返済するために、別の会社からお金を借りる場合はなおさらです。
この場合「首が回らない」状態になることも他人事ではありません。

参考⇒すぐにお金を借りたい人におすすめのキャッシングガイド

しかし初めてお金を借りる方でも、場合によって借りられないことがあります。
およそ自分の年収の3分の1を越えるような金額は、ローン会社と銀行ともに断られてしまいます。

お金を借りるときには、審査によって自分の年収や返済能力を見られます。
この審査を通ることができなければ、お金を借りることが不可能だったり、減額されてしまうのです。
あまり意識するほどではありませんが、アルバイトやパートなど、年収が低い方は要注意です。
アルバイト・パートOKを謳ったローン会社でも支払い能力はしっかりと見られます。

現在他社での借り入れがある場合や、ローンを組んでいる方も注意が必要です。
年収の3分の1といっても、他社の借り入れやローンも含めた金額となっています。
パソコンなどをローンで分割払いしている人は注意しておきましょう。

たとえば年収が300万の方が、現在他社から50万、ローンで10万借り入れしているとします。
この場合、新たにお金を借りることができる金額はおよそ40万です。
たとえ50万円借り入れをしたくても、10万は自分で工面する必要があります。
お金を借りる時は、現在の借り入れ状況を見られますので、いくら借りているか常に把握しておきましょう。

michidoo in 比較 on 8月 19 2014 » Comments are closed.