jump to content immediately

保育士という職業について

・保育士試験について

保育士試験は国家試験に分類されます。
この試験は誰でも受験できるわけではありません。
「短大を卒業している」「2年間以上大学にいて一定数を超える単位を取っている」が条件になります。

ただし短大を卒業できそうor大学の単位を一定数取れそうという見込み状態でも受験できるようです。
また上記を満たしていなくても他の条件を満たしていれば受験可能なので、詳細を公式サイト等で確認しましょう。

保育士試験は筆記試験と実技試験があります。
幼稚園教諭免許状を持っている場合は、免除されるものもあるようなので要チェックですね。

・信頼される必要がある

保育士は親から大切な子供を預かって世話をする仕事です。
親にとって子供というのはとても大切な存在でして、何物にも代えがたいものですね。
そのような子供を預かるわけですから、親にも信頼されなければいけません。

もちろん子供自身にも信頼されて、愛のある関係を築きたいですね。
年少・年中・年長。子供の年齢によって接し方も変わるでしょう。
一度泣き始めたらなかなか泣き止まない子供でも、ある保育士が抱っこするとすぐに泣き止むというケースもあります。

これは子供が保育士のことを信頼している証拠だと言えそうです。
一朝一夕で信頼関係を築くことができるわけではありません。
日々子供たちのために真剣に頑張っていくことが重要なのではないでしょうか。

・別の保育園に移る

働いていると人間関係の悪化などで、これ以上勤務を続けることが困難になることもあります。
そんな時には状況によっては、あまり無理をせずに新しく別の保育園に移ることも考慮したほうがいいでしょう。
今はインターネットでも求人が見られますから、昼間は今まで通り働いて、夜にネットで求人探しということも可能なのです。

今は求職活動の幅も広がってとても便利な世の中になってきました。
働きやすくて待遇の良い保育園を見つけていただきたいですね。

保育専門の求人サイトブルームラボについて

michidoo in 比較 on 5月 25 2015 » Comments are closed.