jump to content immediately

ガレージハウスに住む魅力

ガレージハウスとは、家の中に車やバイクを駐車するスペースを設けるビルトインガレージを設置した住宅のことです。

ビルトインガレージは建て主の希望を設計に反映できる注文住宅に多いですが、近年はガレージハウスの人気が高まっていることもあり、分譲住宅でもビルトインガレージが設置されていることがあります。

その魅力は、なんと言っても愛車を自宅内に収納し、リビングでリラックスしながら愛車の姿を眺めることができることです。

多くの場合、ガレージと室内の境目となる壁がガラスになっており、ガレージに停めている愛車を心ゆくまで眺めることが可能なのです。

また、屋内ガレージは車やバイクが雨ざらしになることがないことに加え、横風からも守れるというメリットがあります。

屋外の駐車場では屋根があったとしても風雨を完全に防ぐことは不可能で、特にバイクの場合は強風時に倒れる危険性がありますが、ビルトインガレージであればそういった心配をする必要がなくなります。

さらに、ガレージ内に工具を置いておけば自宅に居ながらにして愛車の整備をすることもできるのです。

一方で、ビルトインガレージを設置したガレージハウスは住宅の全面に車が出入りする開口部を設けているため構造的にバランスが悪くなってしまうというデメリットがあります。

ガレージがあるぶん一階のスペースも狭くなり、バスルームや洗面所を二階に上げる間取りにしなければならないこともあります。

とはいえ、自分の車趣味を満喫できるガレージハウスはデメリットを補って余りある魅力にあふれているのです。

私もガレージハウスに住んでいます。

私の趣味は乗り物に乗ることで、自宅には自動車とオートバイが一台ずつ、さらにロードバイクが二台あります。

マンションに住んでいた頃は自動車とオートバイの駐車場代がかさみ、ロードバイクは室内に持ち込んでいたため居住スペースが狭くなっていましたが、現在は全てをビルトインガレージに置くことができているので金銭的にも楽になりました。

そして、仕事から帰ってきてリビングで一服するときに愛車の姿を眺めている時間が毎日の楽しみになっています。

休日は自動車とオートバイ、さらにロードバイクの中から気分に合わせて好きな車種を乗っています。

ガレージから出発するときとガレージに帰ってきたときはこれ以上無い幸せな時間です。

休日だけでなく、仕事がある平日も趣味を満喫できるようになりました。

 

 

スポンサードリンク
東京住建 口コミ(@tokyojuken_k)さん | Twitter

michidoo in 見積もり on 1月 06 2017 » Comments are closed.