jump to content immediately

金に投資をすべきかどうか?ゴールドリンクの見解は?

▶️金投資の可能性についてゴールドリンクの考えとは?

金に投資として魅力的であるという事は言えるでしょうが、投資をすべきかどうかについては自分で判断をするしかありません。
実物資産として価値がある数少ない投資商品という事になるのですが、これで利益が出るかどうかは当然分からないという事になります。

価値が上がる事もあれば下がる事もあるのがこうしたものの常ですから、これで利益を出すことが出来るかどうかは誰にも変わらないという事があるからです。

基本的には金は世界で唯一価値が認められているモノという事が言えるかもしれません。
そのようなモノは他にはなくて、銀や銅と比較しても一線を画しているといって良いでしょう。

そして、世界的に人口が増えるという事を考えれば、持っていると価値が上がる可能性は高いという事は言えなくはありません。
ですが、反対に価値が下がる可能性もあるわけで、これについては、採掘技術が上がるという事があります。

採掘技術が高くなると一気に多くの採掘が出来るようになったり、これまでは技術がなくて諦めていたところから採掘がなされるようになるという事で、一気に供給量が多くなるという事で、価値が下がるという事もあり得るわけで、こうしたリスクは常に付きまとうという事を考えておく必要があると専門家のゴールドリンクは警鐘を鳴らしています。

石油の値段暴落に学ぶ

これとよく似たケースでは石油の事を考えると分かり易いでしょう。

石油は人類の活動に欠かすことが出来ないものとして、これから全ての人類が大量に使用することになるので枯渇するという事を盛んに言われたために、値段がぐんぐんあがるという事が起きました。

ですが、採掘技術が上がったためにこれまでは採掘できなかったところから大量に採れるということになり、あっという間に値段が下落したということがありました。

この暴落は世界的な経済の混乱を引き起こすまでにもなったので、その影響力の大きさが分かるというモノでしょう。

このように、物の値段や価値というのは需給のバランスによって決まるという事がもう分かっているので、この需給バランスが崩れると一気にその崩れた方向へ動いてしまうという事があるという事を考えておく必要があります。

ですから、金のような実物資産として安定した価値がありそうに見えるものであっても、常にそのリスクはあるという事になるという事です。

価値が永遠に変わらないというような物は無い?

今の世の中で価値が永遠に変わらないというような物は無いというように考えておいたほうが良いかも知れません。
通貨の価値まで変わるのが今の世の中です。

人によっては通貨の価値は変わらないというように考えている人も少なくはありませんが、これは単なる勘違いで常に通貨の価値も変動していると考える必要があります。

昔は30円でアイスなど変えたものが、今は100円出さなければアイスが買えないという事がある事を考えてみましょう。
これはアイスが高くなったというように考えることも出来ますが、通貨の価値が下がったというように考えることも出来ます。

ですから、この世の中に価値の変わらないものなどないという事が言えるわけです。

では、金は買った方がいいのかということになると、これはその人の考え方によって変わるという事になります。

別にどんな資産を持っていてもリスクがあるという事になるのであれば、値上がりの確率の高いものを持っておいた方がいいという事は間違いありませんが、それを一つに絞るという事はリスクをそれほど回避した事にはなりません。

出来るだけリスクを回避したいから金を持つという事を考えるのであれば、その他のものも沢山持つという事をするようにした方がいいでしょう。

即ち分散投資という事をするわけで、分散するものは何でも良くて、とにかくいろいろなものに投資をするという事で、この資産を集中させることのリスクを避けることが出来るようになります。

分散投資にもデメリットはあるとゴールドリンクはいう

資産は出来るだけ分散をさせるという事がリスクを回避することにつながるという考え方は今では常識に近い物ともなっているといって良いでしょう。
ですから、資産にある程度の余裕が出てくるような事があれば、さまざまな資産に変えていくという事をしていくと良いでしょう。

中には値下がりをするものもあるかもしれませんが、値上がりをするものあるでしょうから、結果的にはとんとんというようなところに落ち着くことになり、リスクをかなりの確率で避けることが出来るようになります。

ただし、分散投資ということになれば資産を集中させたときの様な爆発的な利益が生まれるというような事はまずありませんから、その事は考えておく必要があります。

資産を何かに集中させればそれが暴騰すればあっという間に大きな利益を獲得することになりますが、それがそのまま暴落のリスクにもなるというわけで、この事を理解して、運用というのは考える必要があります。

様々な金融商品で運用をして出来るだけリスクを避けるという事もしても良いですし、リスクを取って集中的な運用をして利益を狙うのも良いわけで、これらは考え方次第という事になります。

michidoo in ビジネス on 9月 20 2018 » Comments are closed.