jump to content immediately

日本ユニセフ協会がピンハネをしているって本当?

日本ユニセフ協会の噂の真相

日本ユニセフ協会が寄付金をピンハネしていると言う噂がインターネットなどで流れていますが、これは事実ではありません。

このような噂が流れるのは寄付金の全てがユニセフに送金されていないことによるものですが、これはユニセフと日本ユニセフ協会の組織的な関係によるものでピンハネではありません。

この組織は本国のユニセフとは一切関係のない独立した団体です。

ユニセフの世界中の子供のために寄付金を募りこれを有効に役立てると言う趣旨に賛同して日本国内で設立された独立した団体であり、寄付金を募ってユニセフに送金するほか様々な独自の活動を行っています。

そのためその活動に当たって様々な資金が必要になり寄付金の1部をその活動資金として利用していることからピンハネと誤解されてしまうことがあるのです。

ユニセフは世界各国にその支部を持っており日本にもその支部がありますが実際に支部としての積極的な活動が行われていない実態があります。

ユニセフの支部はあくまでも窓口機関であり寄付を受け付けユニセフに送金することが主な業務であるため積極的な広報活動等は行っていません。

そのためユニセフの活動を知っており直接ユニセフに寄付を行いたい人は自分に寄付を行うことになりますが、その寄付金が日本の子供のために役立てられる可能性は非常に少なく、ユニセフで取りまとめて世界中に分配されることになります。

日本ユニセフ協会であるためユニセフとは個別の活動を行っている

しかし日本国内で様々な子供に関する問題が発生しており、これらの問題を個別に取り上げ救済するための活動を行っているのが日本ユニセフ協会であるためユニセフとは個別の活動を行っている実態があります。

そのため組織として独自の運用をするために必要な専任者を配置し広報活動も行う必要があるため給付金の1部をこのための資金として利用しているのです。

日本ユニセフ協会が寄付金をピンハネしていると考える人の多くはユニセフと同一の組織であると誤解していることが大きな理由です。

積極的に寄付金を募り効率的に利用するためには最低限必要な資金がありこの資金を寄付金から調達しているために実際にユニセフに送金する金額は集められた寄付金全額ではなくなることから、ピンハネをしていると解釈されてしまう面があります。

しかしその活動はユニセフ本体からも高く評価されている活動であり、良い協力関係を築いて行っている活動であるため非常に有益なものとなっています。

そのため日本ユニセフ協会はユニセフの活動において非常に重要な位置づけの組織であり、正当な理由を持って寄付金の1部を活動資金として利用しているのです。

michidoo in ビジネス on 12月 18 2017 » Comments are closed.