苦手な科目が克服できる!

富士学院は難関である医学部を受験するための予備校です。

医学部はとにかく難しいことで知られており、現役で合格できないことがあります。

二浪や三浪して、合格する生徒も珍しくありません。

もし現役での合格を目指すのだったら、早めに富士学院に行った方が良いでしょう。

医学部に合格する時に大切なことは、得意な科目の点数を伸ばすことと、苦手な科目をなくすことです。

得意な科目の点数を上げれば、ライバルに差をつけられます。

医学部を受ける生徒は理系の科目が得意で良い点数を取りますが、数学や理科で他の生徒よりも一点でも多く取れる学力を身に付けなければなりません。

苦手な科目だったら、点数を上がることが必要で、本番の試験で最低でも85%以上の得点をする必要があります。

富士学院は個別指導制なので、得意な科目の点数を伸ばして、苦手な科目の点数を上げるのに適しています。得意な科目の場合は、学校の先の内容をこの予備校で勉強した方が良いでしょう。

引用:富士学院

先のことが頭に入っていれば、学校の授業が分かりやすくなって、その科目の点数が上がることは確実になります。

分からないことがあったら、横に先生がいるので、すぐに質問できます。

苦手な科目だったら、基礎からもう一回復習しましょう。

基礎が分かるようになれば、苦手な科目でも、少しずつ点数は上がっていきます。

個別指導制なので、分からない所は何度でも先生に質問できます。

他の生徒の目を気にする必要もありません。

この予備校では、夏休みなどに特別の講習会を開いています。

それに参加すれば、この予備校の雰囲気や先生の教え方が分かるようになります。

期間は短いですが、充実した授業が行われるので、現役で合格するためにプラスになるのは間違いありません。

ただし、それだけでは不自由分で、やはりこの予備校の特長であるマンツーマンの授業も受けてみる必要があります。

現役合格を目指すなら、まず2年生の夏休みにこの予備校の夏期講習を受けましょう。

医学部受験の難易度について

医者と言う職業は社会的ステータスも高く非常に人気の高い職業の1つです。

しかしながら社会的な責任も非常に大きいということがあり、医師として働くためには医師国家試験に合格することが求められます。

参考:医師国家試験の施行について|厚生労働省

そしてその医師国家試験を受験する資格を得ることができるのが全国にある医学部なのです。

そのため将来医者として働きたいと考えている人はほぼ例外なく医学部受験をしなければならないという現実があります。

そのため医学部受験は医師になるための険しい道のりの最初の1歩であると言えるでしょう。

医学部受験をする場合には、まず最初にどの大学を受験するかを慎重に選ばなければなりません。

医師になることのできるカリキュラムを整備している医学部は全国各地にありますが、ほぼ例外なくすべてが難関の大学となっています。

医師と言う資格の将来性から、全国の大学が受験対象となると考えている人が多いため、どこに向かって頑張るのかをしっかりと考えておかなければなりません。

必ずしも地元の大学にこだわる必要は無いのです。

しかしながらそれでもほとんどが何かの大学であると言うのが医学部の特徴の1つです。

すべての大学の中から好きなところを選ぶことができる人は幸せです。

医学部には国公立と私立の2種類がありますが、それぞれの学費には極めて大きな隔たりがあります。

国公立であれば努力すれば通うことのできる学費であると考えることができますが、私立の弟の学費を支払うことができる家庭はそれほど一般的であるとは言えません。

そのような状況にありますので一般的に国公立は競争率が高く難関であると言えるのです。

私立の大学を狙うことができないのであれば高い競争率に勝ち抜く必要が生まれますので医学部受験の難易度も高くなると言えるでしょう。

医学部は非常に難易度が高いという特徴がありますので、現役合格できないケースも少なくありません。

そのため浪人生が非常に多く受験すると言う性質がありますのでさらにレベルの高い競争を勝ち抜く必要があるのです。

このような環境が全国的に発生しているのが医学部受験の世界なのです。

非常に難関の受験となりますので目指す場合には相応の覚悟が必要であると言えるのです。

医学部の中でも特に特徴的であるのが自治医科大学と呼ばれる大学です。

この大学は全国の医療を支える人材を育成することを目的としており、各都道府県からごく少数名を合格させると言う仕組みで成り立っている大学であり、どんなに学力が高いとしても、それぞれの地域で上位の成績でなければ合格することができません。

しかし合格すれば医学部の教育を受ける間の学費が全額貸付となるという特徴があります。

つまり十分な学力さえあればお金がなくても医師になることができると言う道なのです。

そのため非常に高い人気があります。

また自衛官を要請する防衛医大も特殊な医大の1つです。

自衛隊の医療を担うことを目的としている大学であり、給料が支給されると言う点が極めて特徴的な大学です。